医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2018/07/19
介護予防事業は介護認定率の改善に繋がるか

 医療・介護の重症化予防のために実施されている政策や事業は、介護予防に実質的な効果を及ぼせているのか。このことを検証する分析結果報告が、内閣府より公表されました。4月26日に公開された「要介護(要支援)認定率の地域差要因に関する分析」です。

 同分析では、 介護供給体制や介護予防事業の拡充と、要介護(要支援)認定率の改善の相関関係に注目しています。

 例えば、要介護(要支援)認定率・変化率の地域差には、年齢構成、経済状況、自治体の財政状況や所得水準だけでなく、医療介護供給体制、医療費、福祉行政、運動習慣、介護予防等のさまざまな要因との相関関係があることが、同分析により数値的に確認されました。

 また、介護予防のための普及啓発等への参加人数が増えると、軽度要介護(要介護2以下)の認定率の上昇幅が押し下げられる傾向が明らかとなり、啓発活動の効果が認められました。同結果を用いて、今後予防事業の参加人数の増加が続くと想定して試算した場合、認定率の上昇の抑制を通じて、介護サービス費用が一定程度減少する可能性があるとの見解を示しています。例えば、65歳以上人口10万人当たり介護予防普及啓発事業参加延べ人数が10倍に増加した場合、国全体としては270億円(58億〜477億円)の歳出効率化効果が期待されると試算されました。

 報告の全文は、内閣府ホームページ「政策課題分析シリーズ」より、「【第15回】要介護(要支援)認定率の地域差要因に関する分析(平成30年4月26日)」をご覧ください。

内閣府「【第15回】要介護(要支援)認定率の地域差要因に関する分析(平成30年4月26日)全体版」(PDF形式:2374KB)


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



病院の耐震化率、平成29年調査は72.9%2018/07/12
職場での熱中症による死傷災害、昨年は544件2018/07/05
社会医療法人と特定医療法人の要件が変わりました2018/06/28
介護医療院の広告に関する通知が出ました2018/06/21
人生の最終段階における医療に関する意識調査2018/06/14
医療法人会計基準のQ&Aが出ました2018/06/07
不妊治療と仕事の両立に関する調査結果2018/05/31
平成29年の救急出動件数は過去最多、うち高齢者は55.8%2018/05/24
介護職員の給与、処遇改善加算T取得で13,660円増2018/05/17
30年度診療報酬改定のQ&A(疑義解釈資料)が出ています2018/05/10
医師の働き方改革、中間論点整理と緊急的な取組が公表に2018/05/03
平成29年の高齢運転者による死亡事故、約半数で認知機能の低下2018/04/26
介護福祉士養成課程のカリキュラム改正案2018/04/19
平成28年の社会福祉施設等の耐震化率89.6%2018/04/12
社会福祉法人制度改革の実施状況2018/04/05
お問合せ
夕映舎事務所(行政書士・社会保険労務士登録事務所)
〒602-8453
京都市上京区笹屋4丁目269-4 正千第2ビル5階
電話番号
075-463-2263
FAX番号
075-320-3522
E-mail
住田正則 プロフィール
 
 

日本 脱退一時金 Japan Lump-sum Pension Refund



Japanese pension (Nenkin) can claim for 10 years contribution.10年加入で厚生,国民年金は請求できます.