医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2017/08/17
要介護2までは手を貸す程度、要介護3からは「ほとんど終日」

 今回は、6月27日に厚生労働省が公表した「平成28年 国民生活基礎調査」(※)の結果より、「介護の状況」について注目したいと思います。


○要介護者等がいる世帯の構成

 調査によると、在宅の要介護者等(要支援又は要介護に認定された者)がいる世帯のうち、最も多いのは「核家族世帯」の37.9%、次いで「単独世帯」28.9%でした。「三世代世帯」は14.9%に留まり、年次推移でも割合が低下しています。

 「単独世帯」のうち42.0%は要支援者で、要介護度の低い者の割合が高くなっていました。一方で、核家族や三世代世帯においては要介護度1〜2の者のいる世帯の割合が高くなっています。


○介護者の状況

 主な介護者は、要介護者等と「同居」している割合が58.7%、事業者が13.0%でした。同居の内訳は、配偶者が25.2%、子が21.8%、子の配偶者が9.7%となっています。

 介護者と要介護者等の組合せに注目すると、「70〜79歳」の要介護者等を介護する者で最も多いのは「70〜79歳」で48.4%となり、この年齢層では配偶者が介護をする割合が高いことを伺い知ることができます。一方で、「80〜89歳」の要介護者等の場合は、「50〜59歳」の者が介護している割合が32.9%で最も高く、子の世代による介護が主流であることが分かります。


○介護の時間

 同居の介護者による介護時間を要介護度別に見ると、要介護1、要介護2では「必要な時に手を貸す程度」の介護が最も多くなっています。しかし、要介護3になると、「ほとんど終日」が最も多く32.6%となり、要介護4では45.3%、要介護5では54.6%が「ほとんど終日」と回答しています。


※「平成28年 国民生活基礎調査」
 保健、医療、福祉、年金、所得等国民生活の基礎的事項の調査。3年ごとに大規模調査、中間の各年は簡易調査が実施されます。平成28年は11回目の大規模調査となりました。

 調査結果の詳細は、以下のサイトをご覧ください。

厚労省「平成28年 国民生活基礎調査の概況」

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



特定行為研修修了の看護師、583名に2017/08/10
平成27年度末の要介護(要支援)認定者は620万人2017/08/03
個人情報保護法改正を受けた医療・介護関係者のためのQ&A公開2017/07/27
社会福祉法人の指導監査、新要綱が制定2017/07/20
改正介護保険法成立/所得の高い利用者、自己負担引上げへ2017/07/13
高額介護サービス費、8月1日より見直し2017/07/06
常勤の福祉介護職員の平均給与、平成28年は13,807円増2017/06/29
未届有料老人ホーム、1,207件に減少2017/06/22
介護施設での高齢者虐待、前年度より36%増加2017/06/15
社会福祉充実残高、提出期限は6月30日2017/06/08
地域医療連携推進法人制度のQ&A、厚労省が公表2017/06/01
医師10万人規模の大調査で過重労働・超過勤務の一般化が明らかに2017/05/25
特養、特例入所要件満たせば必ず申込の受付を2017/05/18
医療法改正/分娩室がなくても産後ケアの提供が可能に2017/05/11
介護施設での高齢者虐待、前年度より36%増加2017/05/04
お問合せ
夕映舎事務所(行政書士・社会保険労務士登録事務所)
〒602-8453
京都市上京区笹屋4丁目269-4 正千第2ビル5階
電話番号
075-463-2263
FAX番号
075-320-3522
E-mail
住田正則 プロフィール
 
 

日本 脱退一時金 Japan Lump-sum Pension Refund



Japanese pension (Nenkin) can claim for 10 years contribution.10年加入で厚生,国民年金は請求できます.