夕映舎代表 行政書士・社会保険労務士 住田正則です

Sumida Masanori, the president of Yueisya, Labor and Social Security Attorney of JAPAN / Administrative Scrivener of JAPAN
夕映舎代表 行政书士·社会保险劳务士 住田正则


平成19年8月12日、京都白川 WORLD COFFEE にて。


こんにちは、夕映舎代表の住田 正則(すみだ まさのり)です。「ひとが大事。」をモットーに、皆様に愛される事務所を目指し、日々奮闘中の行政書士・社労士・キャリアコンサルタントです。皆様のご要望に誠心誠意対応していくことを心掛けて、仕事をしていきたいと思います。

スイスの精神医学者・心理療法家であったユング(Jung,C,G)は、人の一生を前半と後半に分け、40歳前後の時期を「人生の正午」と考えました。そのユングの考えによると、人生の前半は、学業を修めること、職業に就くこと、結婚し子供を育てることなど、対外的なことに力を注ぐ時期になります。一方、人生の後半はというと、「自分らしくあることを実現していくこと」に注力すべき時期なのだそうです。
また、レヴィンソン(Levinson,D,J)は人生を四季に喩え、夏から秋にかけての40歳から45歳が、特にその中でも重要な転換期であるとしました。そして多くの人がこの時期に「中年の危機」を体験し、様々な課題に直面するとされています。

人生は、何事かをなすには短すぎるし、何事もなさないでいるには長すぎる−そんな月並みな警句でお茶を濁すつもりはありませんが、およそ人が生きていく間には、いろいろな課題が待ち構えています。その中には、なんとかその場で解決できるものもあれば、ずっと、ずっと考えても、もがいても、解決の糸口さえ見つからないものもあります。あるいは、何世代にもわたって持ち越されるものもあるでしょう。

今、皆さんの目の前に広がっているささやかなサイトは、そんな課題のいくつかを、皆さんが解決して行く手助けをしたいと願う法律家のサイトです。法律家自身もさることながら、本サイトもまだまだ完成途上にありますが、皆さんのお役に立ちたい情熱に関しては、ゆるぎない自負を抱いております。
どうかよろしくお願い申し上げます。

1968(昭和43)年8月18日 愛媛県に生まれる。兼業農家である実家の米と野菜を糧に、すくすくと育つ。
1987(昭和62)年3月 県立伊予高校卒業。夢見がちな文学青年。
1991(平成3)年1月 早稲田大学第一文学部中途退学。
1996(平成8)年3月 大阪外国語大学2部中国語学科卒業。
1993(平成5)年夏から2006(平成18)年夏まで、土地家屋調査士事務所、建設会社、会計事務所などで様々な職業体験を得る。
2002(平成14)年1月 行政書士試験合格。→2003(平成15)年行政書士登録。
2002(平成14)年8月 社会保険労務士試験合格。→2006(平成18)年社会保険労務士登録。
2006(平成18)年3月 西陣千本商店街SOHO「ほっと千本」メンバー。
2006(平成18)年6月 お客様の夢に親身に向き合う総合法務事務所「夕映舎」を設立。
2006(平成18)年7月 NPO法人「生涯学習」主催・厚生労働省認定キャリアコンサルタント登録。
2006(平成18)年7月 土地家屋調査士 能宗事務所サポートメンバー。
2006(平成18)年10月 NPO法人「アクティブサポート京都」メンバー。
2008(平成20)年8月 任意団体「はあとメール」設立。
2010(平成22)年12月 新しい自宅兼事務所を、京都市上京区笹屋町に開きました。

 




共同事業者 小田 光男(おだ みつお)
Oda Mitsuo, the president of Asian-Curd, business partner of Sumida Masanori



1968(昭和43)年 7月1日生まれ
1991(平成3)年 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業
1994(平成6)年 早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了(専攻:労働経済学)

こんにちは。
私は、「あじあのとうふ」という任意団体を立ち上げております。
日本人として、日本文化のすばらしさを心に留めながら、他方で世界中の多様な文化の人々と交流し、彼ら彼女らの手助けを自分の能力ができる範囲で行っていきたいと、考えています。
夕映舎では、住田正則社会保険労務士の脱退一時金事業をサポートし(特に英語関係)、かつ夕映舎サイトの管理を担当しています。


Birth Date : 07/01/1968
Diploma : Master of Economics of Waseda Univ. (majoring in Labor Economics)

Hello.
I have a voluntary group called “Asian Curd(あじあのとうふ)”.
I keep in mind, as a Japanese, Japanese culture’s awesomeness. Keeping it, at the same time, I wish to communicate people all over the world with various backgrounds, and support them within what I can wtih my ability.
In Yueisya I have supporting jobs (especially jobs of customers’ communication in English) of Lump-sum Withdrawal Payments for Japanese Public Consultant on Social Insurance and Labor Sumida Masanori, and the administering job of Yueisya’s website.




中文翻訳人員 楊(仲田) 和代(よう[なかた] かずよ)
中文翻訳人员 杨(仲田) 和代



1970年 6月4日 広島県に生まれ、それ以後どこにいても広島弁を愛用
1995年 大阪外国語大学2部中国語学科卒業
2002年 中国・四川省・四川師範大学文学院 卒業 (文学修士/専攻・古典文学、神話)

はじめまして!

夕映舎では上述の小田氏と共に住田正則社会保険労務士の脱退一時金事業のサポート(主に中国語関係)をさせてもらっています。

1999年に中国・四川省・成都に渡り、それ以来約12年を成都で過ごしてきました。
その間、友人と会社を立ち上げたり、成都日本商工クラブという任意団体の事務局を担当させてもらったり、途中ヘルニアを伴った体調不良で会社をやめたりもしましたが、様々な経験を得ることが出来ました。
2011年4月より生活の拠点を日本へ移すこととなり、若干浦島太郎気味です。。。

成都在住中からも、日中間の諸方面における交流活動を行ってきたことと、海外で困った自分があるように、日本で生活する外国人の方のお役に少しでも立てればと思い、そして一期一会の言葉を大事に邁(迷?)進中の一児の母です。

お問合せ
夕映舎事務所(行政書士・社会保険労務士登録事務所)
〒602-8453
京都市上京区笹屋4丁目269-4 正千第2ビル5階
電話番号
075-463-2263
FAX番号
075-320-3522
E-mail
住田正則 プロフィール
 
 

日本 脱退一時金 Japan Lump-sum Pension Refund



Japan old age pension 10 year 日本 年金 10年